x86_64のLinuxでMozilla公式のfirefoxの64bit版バイナリを使う
タグ: linux / 初版公開: 2013-04-10

なぜかWebからはたどり着けないが、下記のURLからダウンロードできる。 ディストロのfirefoxに満足できない場合は手間をかけず使えてありがたい。 (リンクは現時点の最新版firefox 20.0.1)

ftp://ftp.mozilla.org/pub/firefox/releases/20.0.1/linux-x86_64/ja/

展開して単にfirefoxを起動すれば良い。自分は/opt/firefox以下に置いてパスを通した。

Webからたどり着ける32bit版バイナリは、動作に32bit版のライブラリが必要になる。 手元ではxul周りで以下のようなエラーが出て動かなかった。 Mozillaのフォーラムでも似たような質問があるのでハマりどころなのだと思う。

XPCOMGlueLoad error for file /opt/firefox/libxpcom.so:
libxul.so: cannot open shared object file: No such file or directory
Couldn't load XPCOM.

debian testingを愛用しているが、firefox(iceweasel)のバージョンが現時点で3.5と古く、心もとないのでMozilla公式のビルドを使ってお茶を濁した。