Linuxでファイルのチェックサムを表示するには
タグ: linux / 初版公開: 2014-02-07

主なLinuxディストリビューションではファイルの各種ハッシュ値を計算するユーティリティが用意されている。

MD5のハッシュ値を計算するにはmd5sumコマンドを使う。

md5sum FILE

SHA-1のハッシュ値を計算するにはsha1sumコマンドを使う。

sha1sum FILE

これらのコマンドは-cオプションを使うとハッシュ値でファイルのコンペアを行うこともできる。

md5sum FILE > FILE.md5
md5sum -c FILE.md5
sha1sum FILE > FILE.sha1
sha1sum -c FILE.sha1

手元のdebianで確認したところ、他にも以下のハッシュ計算用のユーティリティが存在した。

  • shasum
  • sha224sum
  • sha256sum
  • sha384sum
  • sha512sum

ちなみにopensslコマンドもハッシュ値を計算する機能を持っている。例えばMD5とSHA-1のハッシュ値を計算するには以下のようにする。

openssl md5 FILE
openssl sha1 FILE

opensslでハッシュを計算するサブコマンドには以下がある。こちらはMD2やRMD-160などのマイナーなハッシュ値も計算可能だ。

  • md2
  • md5
  • mdc2
  • rmd160
  • sha
  • sha1
  • sha224
  • sha256
  • sha384
  • sha512