Debian jessieでAndroidアプリの開発環境を整えるメモ
タグ: debianandroid / 初版公開: 2014-02-14

以下のページから”adt-bundle-linux-x86_64-20131030.zip”をダウンロードして展開。

-Get the Android SDK

中にeclipseが含まれているのでeclipseを起動。

するとコンソールに以下のようなエラーが出た。

Unexpected exception ‘Cannot run program “/home/antz/Development/adt-bundle-linux/sdk/platform-tools/adb”: error=2 No such file or directory’ while attempting to get adb version from /home/antz/Development/adt-bundle-linux/sdk/platform-tools/adb

32bitのライブラリが必要なので以下のパッケージをインストール。

sudo apt-get install libc6-i386 lib32stdc++6 lib32gcc1 lib32ncurses5

eclipseを再起動するとさらに以下のようなエラー。

android-sdks/build-tools/17.0.0/aapt: error while loading shared libraries: libz.so.1: cannot open shared object file: No such file or directory

足りていないライブラリをインストール。

sudo apt-get install lib32z1

これでeclipse上ではエラーが消えたがAVDのエミュレータが起動しなかった。 emuratorコマンドを直接叩いてみると以下のエラー。

Failed to load libGL.so
error libGL.so: cannot open shared object file: No such file or directory

以下のパッケージをインストール。

sudo apt-get install libgl1-mesa-dev

以上でAndroidアプリの開発環境が整った。