TTFをEOTに変換するttf2eotをLinuxでビルドするメモ
タグ: linuxfonts / 初版公開: 2014-01-04

ttf2eotはTTF形式のフォントをEOT形式に変換するツールだ。このツールのDebian Wheezyでのビルド方法をメモする。なおWindows版は実行可能バイナリが提供されている模様。

ソースコードはLatest Versionとされるものがダウンロードできるが、ここはせっかくなのでリポジトリからチェックアウトする。

svn checkout http://ttf2eot.googlecode.com/svn/trunk/ ttf2eot

だが、このままmakeしてもなんやかんや言われてビルドが通らない。(gccのバージョンに依る?)少なくともDebian Wheezyではダメであった。 これはissue 22issue 25で報告されている。

ビルドを成功させるパッチcstddef.patchがissue 22で公開されているのでこれを適用する。このパッチは1行だ。

patch OpenTypeUtilities.cpp < cstddef.patch

あとはmakeするだけである。 これで実行可能ファイルttf2eotができる。

make

なおttf2eotの使い方は以下のとおり。 TTFフォントを指定してやるとEOTフォントに変換して標準出力するのでリダイレクトしてやる。

ttf2eot something.ttf > something.eot